外壁を塗り直してからずっと布団やシーツは室内干し

何故無理矢理二色に?

外壁が褪せてきたので塗り直した方がいいと、たまたま別件で来た工事の方に言われて塗り直しをすることに。

 

 

一軒につき色は二色までと言われたので、シンプルにしたいから一色でいいと言いましたが二色にしてくれと言われました。

 

 

その会社のやり方や決まりがあるのかもしれませんが、何故無理矢理二色にしなければいけないのかとても不思議でした。

 

 

とりあえずどんな色があるか、今の壁に数パターン塗っておくので後日連絡をしてくれと言われました。

 

 

色の見本は私が外出中に塗って行ったらしく、外出先から戻るとインターホンの下に数パターンのペンキが塗ってありました。
すぐに塗り直す訳でもないのに、ましてやパターン見本である雑な塗り方で何色も塗られていたので、お客様がまず目にするインターホンの下はやめて欲しかったなと思いました。

 

 

いよいよ塗り直し、綺麗な外壁になったのは良かったのですが…塗り直して数年経った今でも、布団やシーツを干せば色移りします。
塗りたてならまだしも、何年も経っているのに色が取れるような外壁。これは許されるのでしょうか。

 

 

家のことに全く詳しくなく、説明も決定も業者側の言われるがままという感じだったのでクレームをつけるのも躊躇われ、我が家は外壁を塗り直してからずっと布団やシーツは室内干しです。

 

【優良工事店だけ】しか参加できない全国ネットワークサービス

とても多くの方が誠意のないリフォーム業者に失敗しています。

これを受けてリフォーム支援の新しいサービスが開始されました!


厳しい審査をクリアした優良リフォーム工事店だけしか参加できない優良工事店ネットワーク。


工事店からのネットワーク参加費で運営されている
リフォーム利用者の失敗を防ぐ目的のサービスになります。

利用者に料金は発生しません。

そして
このサービスが発行している「リフォームで失敗しない為の青本・赤本」があります。


無料で取り寄せできるもので
有名図書館にも寄贈されています。


リフォームで失敗しない為の大切な知識がまとめられています。


こういったサービスを上手く利用して失敗しないリフォームを目指しましょう!

>>>優良工事店ネットワーク公式サイトはこちら